何度も繰り返す頭皮湿疹にサヨナラ♪

頭皮湿疹予防と悩みあるある体験談

*

頭皮湿疹は酒で悪化する?アルコールとの関係性

   

《注目》フルフルを使って皮膚科でも治らなかった子供の頭皮の湿疹が1週間で無くなった

touhi

 

頭皮にいったん痒みを覚えると、
痒みはしつこくぶり返します。

痒くなりだすと、意識するまでもなく、
頭皮に手が行っています。

鏡で見ると、頭皮に赤いブツブツ。

頭皮湿疹です。

最近、女性にも増えてきた頭皮湿疹。

頭皮湿疹ができると、しつこい痒みが、
一定の条件のもとで、強まることを経験します。

一定の条件のもととは、飲酒。

お酒を飲むと、
頭皮湿疹が痒くてたまらなくなるという人は、多いようです。

頭皮湿疹は飲むと痒い、飲まないと治まる

touhi

 

頭皮湿疹ができている人の多くは、
お酒を飲んだ後に、
頭皮の痒みが強まるのを体感します。

お酒を飲んだ後の痒みは、
普段の3倍くらいの強さと言われています。

反対に、お酒を飲むのを控えると、
頭皮は正直に反応。

痒みは、沈静化し、禁酒すると、
頭皮湿疹がほとんど気にならなくなるまで、
痒みが治まったという体験談が、
しばしば聞かれます。

もともとお酒に強くなかった人の場合、
お酒を一切飲まないようにしたところ、
頭皮湿疹が再発することがなくなったということもあります。

お酒を飲むと、頭皮湿疹が痒みを増し、
お酒を飲まないようにすると、
頭皮湿疹が治まってくる。

頭皮湿疹ができた人たちが、
しばしば体験するところです。

頭皮湿疹は、お酒で悪化すると言えます。

頭皮湿疹の原因!飲酒すると、ビタミンB2とB6が体内で不足する

touhi

なぜ、お酒を飲むと、
頭皮湿疹が悪化するのでしょうか?

最も有力な説は、お酒を飲むと、
ビタミンB2とビタミンB6が不足するからというものです。

ビタミンB2は、脂質の代謝に必要な成分、
ビタミンB6は、脂質の分解に必要な成分です。

ビタミンB2とビタミンB6は、
皮脂の分泌を抑制する働きがあります。

お酒を飲むと、肝臓は、
アルコールを分解するのに、フル稼働します。

肝臓には、ビタミンを全身に届ける役割もありますが、
お酒を飲むと、肝臓はアルコールの分解に手一杯で、
ビタミンを届ける役割が果たせなくなります。

体内で、ビタミン不足が生じます。

中でも、アルコールの影響を受けるのが、
ビタミンB2とビタミンB6です。

お酒を飲むと、
ビタミンB2とビタミンB6の消耗が
促進されてしまいます。

また、ビタミンB2については、
お酒を飲むと、体への吸収が妨げられます。

体内のビタミンB2とビタミンB6は、
お酒を飲むと、足りなくなります。

ビタミンB2とビタミンB6が不足すると、
皮脂の分泌が抑制されなくなり、
皮脂の分泌量が増えて、
皮脂が過剰な状態になってしまいます。

過剰に分泌された皮脂は、毛穴に詰まったり、
酸化して臭いを発したりします。

頭皮環境が悪化し、
頭皮の痒みがひどくなります。

ビタミンB2とビタミンB6が不足すると、
頭皮湿疹になりやすい体質になってしまうとされています。

 - 頭皮湿疹の原因

head3

↓ ↓ ↓

治らなかった娘の頭皮湿疹が1週間で無くなった方法を見る

  関連記事

scalp
脂漏性皮膚炎の原因は?ホルモン異常から起こるのか?

髪の毛の生え際、額、鼻の周辺などが粉ふきいも状態になったり、頭皮が赤みを帯びて細 …

enfant dmangeaison
頭皮に汗をかきだすと痒みが酷いのはなぜ?主な理由は頭皮の乾燥!

頭皮の痒みは辛いものです。何かしていても、集中力を欠き、利き手はいつしか頭に行っ …

shampoo
頭皮に湿疹やカサブタ!原因は?症状改善にはシャンプーが重要!

ブラシをかけていたら、「痛っ!」となることはありませんか?痛みが走ったところを触 …

pollinosis
頭皮湿疹と花粉症は関係あり⁈春先の頭皮ケアで注意したい3つのポイント

九州ではそろそろ花粉が飛び交うと報じられるようになりました。多くの花粉症持ちにと …

scalp
頭皮がカサカサこな吹き状態!どうして乾燥するのか?対処法は?

肩に落ちているフケ。印象が悪くなりますよね。濃い色のスーツを着ていた日には、非常 …