何度も繰り返す頭皮湿疹にサヨナラ♪

頭皮湿疹予防と悩みあるある体験談

*

抜け毛の多さにピンチ!生理不順と関係があるのか⁈対策は?

   

《注目》フルフルを使って皮膚科でも治らなかった子供の頭皮の湿疹が1週間で無くなった

seirifujun

一般的に髪の毛が男性よりも抜けにくいとされている女性。ある程度以上の年齢になると、「薄くなるか?白くなるか?」の二択の心配が必要になる男性に比べ、女性は、薄毛の心配は少ないと言われています。しかし、最近では、20代女性の中にも薄毛を心配する人が増えているそうです。何が原因でしょうか?

女性も閉経後は髪の毛の量が大幅に減少

男性に比べて薄毛の心配が少ないとされる女性。ただし、閉経後は、女性も、髪の毛が減少します。20歳代前半の女性の髪の毛の量に比べると、閉経後の女性の髪の毛の量は、4分の1程度にまで減少していると言われています。

閉経後、一気にここまで減少するわけではなく、女性ホルモンが加齢とともに減少するのにつれて、髪の毛も減っていきます。ちなみに、20歳代前半とは、妊娠適齢期とされ、女性ホルモンが最も活性化する時期です。

抜け毛の原因は?シャンプーの時や枕につむじの辺りの毛が抜ける。手軽に出来る予防法

女性ホルモンは髪の毛の成長期を延ばす

女性の髪の毛が、男性に比べて抜けにくいのは、女性ホルモンの働きです。女性ホルモンのエストロゲンは、毛細血管を拡張し、髪の毛の成長期を延ばします。成長期が延びることで、ヘアサイクルの寿命が延び、脱毛や薄毛が少なくなるとされています。

対照的なのが男性ホルモンです。男性ホルモンは、分泌量が増えると、髪の毛の成長を止めます。男性ホルモンが増えると、毛乳頭細胞から成長を抑えるシグナルが出ます。成長期の髪の毛が減って、退行期や休止期の髪の毛が増えてしまいます。そのため、髪の毛が細くなったり、伸びなくなってしまいます。

頭皮がべたつく!皮脂が多く出る5つの原因とは?

抜け毛のココに注目!本数だけではない注目ポイント

抜け毛が気になるきっかけは、たいていがシャンプー時の排水溝に溜まる抜け毛でしょう。なんとなく多そうだなと感じて、本数を数える気になった。いったん数えだしたら、毎日数えるようになったというケースが多いようです。

抜け毛の状態を把握するうえで、最も分かりやすいのは、本数です。ただし、本数と同じくらいに重要なのが、抜け毛の毛先や太さです。髪の毛の成長具合が判るためです。注意を要する抜け毛の状態には、次の2つがあげられます。

1、5センチ以下の先端が細い抜け毛。

ヘアサイクルを全うして自然に抜けた髪の毛は、多くが、抜ける前にカットされたことがあるので、ハサミの切り口があると言われています。ヘアサイクルが短くなってしまい、成長期が短くて抜けてしまった髪の毛は、先端が細くて尖った状態になっています。長さが5センチ以下の場合は、成長期が半年以下ということなので、薄毛に直結していることが多いと言われています。

2、細くて短い毛。

要注意の長さは、5センチ以下ですが、短いのに加えて、細い髪の毛が抜けるようなら、要注意です。全体を通して太い髪の毛が抜けている場合は、あまり問題はないとされています。それまでは太い髪の毛が抜けていたのに、細くて短い髪の毛がたくさん抜けるようになったら、ヘアサイクルが短くなっていると考えられます。細くて短い髪の毛は、生え始めたばかりの若い毛だからです。

子供の頭皮湿疹に効果のあるシャンプーランキングBEST3

気になる抜け毛がある貴女、生理は順調ですか?

5センチ以下の短い抜け毛、細くて短い抜け毛が多いようなら、ヘアサイクルが短くなっていると言えます。ヘアサイクルの寿命を延ばすのが、女性ホルモン。髪の毛の成長を抑えるシグナルを出すのが、分泌量が増えた男性ホルモン。女性ホルモンのバランスが乱れて、男性ホルモンの影響を受けやすくなった状態だと、女性も、気になる抜け毛が多くなります。

女性ホルモンのバランスが乱れて、男性ホルモンの影響を受けやすくなった状態とは、生理が不順な時のこと。生理不順の状態は、エストロゲンの減少が原因と考えられています。

エストロゲンは、「髪の毛を生やすホルモン」と呼ばれることもあります。エストロゲンが減少すると、抜け毛が増えやすくなります。ちなみに、女性が出産後に髪の毛が抜けるのは、エストロゲンが急激に減少するためです。

生理不順が続くと、気になる抜け毛が多くなります。一度抜けた髪の毛は、休止期を経て、また生えてきますが、ヘアサイクルが短くなっていると、新しく生えてきた髪の毛は、細いものになりやすく、髪の毛のボリュームがなくなったり、地肌が見えたりと、薄毛の症状が現れてきます。

足の湿疹から頭皮の自家感作性皮膚炎に!オーガニックシャンプーに変えて綺麗に治った!

対策その1.女性ホルモンのバランスを整える

女性ホルモンのバランスが乱れると、男性ホルモンの影響を受けやすくなり、抜け毛が増えます。気になる抜け毛を減らすには、まずは、女性ホルモンのバランスを整えることが大切です。

女性の体はデリケート。睡眠不足が続いたり、仕事や人間関係でストレスが溜まると、女性ホルモンのバランスが崩れて、生理不順になります。質の高い睡眠をとり、ストレスを解消することが、大切です。ただし、実践するのは、けっこう難しいもの。摂取することで女性ホルモンのバランスを整えられるものを、2つ、ご紹介します。

1、プラセンタ。

美白効果、エイジング効果、ダイエット効果などで有名なプラセンタ。実は、髪の万能薬とも呼ばれています。エストロゲンの影響を強くし、抜け毛の原因である男性ホルモンを抑制してくれます。口コミで評判が良いプラセンタサプリメントとしては、キルギル産の馬プラセンタを使用した「エイジングペア」、「母の滴プラセンタEX」、「エターナルプレミアムプラセンタドリンク」、羊プラセンタを使用した「セルセラ」などがあげられます。

2、大豆イソフラボン。

大豆イソフラボンには、エストロゲンに似た効果があると報告されています。女性ホルモンのバランスを整え、髪の毛を成長させる成分を増やしてくれます。

自分に合うシャンプーの見つけ方!知っておきたい5つのチェック項目

対策その2.男性ホルモンを減らす

男性ホルモンの影響を受けることで、抜け毛が増えます。男性ホルモンを減らすことも、抜け毛対策では重要です。摂取することで効果があるとされるものを、2つ、ご紹介します。

1、亜鉛。

亜鉛には、男性ホルモンを減らす効果があるとされています。また、亜鉛が不足すると、髪の毛の主たる成分であるケラチンの合成がうまくいかないと言われています。亜鉛の1日の摂取量の目安は、2.1~15mgです。牡蠣3個、納豆なら小さなパック1個、牛乳200㎖が目安。ただし、ストレスが強いと、亜鉛は大量に消費されますので、サプリメントを利用するのも良いでしょう。

2、ノコギリヤシサプリメント。

ノコギリヤシとは、ヤシ科の植物で、ハーブとしても利用されています。ノコギリヤシは、活性型男性ホルモンのジヒドロテストステロンを作らせない効果があります。抜け毛の予防ができます。

頭皮に湿疹やカサブタ!原因は?症状改善にはシャンプーが重要!

対策その3.女性ホルモンを増やす

摂取することで効果があるとされているものを、2つ、ご紹介します。

1、マカ。

男性の疲労回復で人気がある品ですが、実は、女性ホルモンを増やす効果もあります。マカには多くのアミノ酸が含まれているので、髪の毛を健康に育てるためにも有効です。女性に人気が高いマカサプリメントとしては、「有機マカ モラーダ100」があげられます。マカの中でも鉄分が多く含まれている「モラーダ」と呼ばれるマカを使用しています。

2、プエラリア。

バストアップ効果が知られていますが、プエラリアには、エストロゲンを増やす効果があります。薄毛対策としても、有効だとされています。

ロングヘアの髪や頭皮にシャンプーで2〜3日おき洗うのと毎日洗うのはどちらが効果があるのか?

生理不順が続いて気になる抜け毛が増えたら

生理不順は、女性ホルモンのバランスが乱れているサインです。女性ホルモンのバランスが乱れていると、男性ホルモンの影響を強く受け、抜け毛が増えます。
ストレスを溜めないようにする、十分に睡眠をとるようにするということが、基本的に大切になります。それ以外の対策としては、3つ。

1.プラセンタや大豆イソフラボンを摂取して、女性ホルモンのバランスを整えること

2.亜鉛やノコギリヤシサプリメントを摂取して、男性ホルモンを減らすこと

3.マカやプエラリアを摂取して、女性ホルモンを増やすこと

 - 抜け毛についての悩み

head3

↓ ↓ ↓

治らなかった娘の頭皮湿疹が1週間で無くなった方法を見る

  関連記事

hair
抜け毛の原因は?シャンプーの時や枕につむじの辺りの毛が抜ける。手軽に出来る予防法

髪の毛の抜け毛問題は、男女共通の悩みと言えるでしょう。若い人でも抜け毛に対して敏 …